看護学生のための記事を少しずつ書いていこうと思います


スポンサーリンク


                   C5D4BC2F-65AB-4DB4-834C-E210F9545DDB.png
みなさんこんにちは。私は元看護師で今は専業主婦をしています。元看護師ということは、もちろん世間一般で言われる魔の実習を突破してきたわけです。
ですが結局私は、看護師には向いていないと思い、やめてしまいました。

看護師になりたい!と高い志を持って看護学校や大学に入った人、安定した仕事だから資格をとるためになんとなく看護師になろうと思ったなど、看護師になろうと思った理由はいろいろだと思います。

そんな看護学生さんが疑問に思うことを考えて、私の経験から事実を書いていこうと思います。内容的には、やだなーと気が重くなるものもあるかもしれませんが、これくらいでへこたれてしまっては人の命をあずかるお仕事はできません。

きっと看護学生さんが抱いている疑問にはこのようなものがあると思います。
実習ってどんな感じでやるの?実習担当の看護師さんは怖いの?実習のレポートってどれだけあるの?などなど。

私も看護学生の時は、不安だらけで泣きそうでした(笑)いや、何回か泣きました(笑)
ですが、私みたいな気が弱い性格でもなんとかなりました!もう一度言います。なんとかなるんです!(ならないこともあるけど)

不安を抱いているということは、その仕事はとても重大な仕事でミスが許されないんだとわかっている証拠です。不安なら準備をしっかりすれば大丈夫です!

そして、看護学生の間は失敗を恐れてはダメです(国家試験に合格したら、失敗は許されないけど)。間違っていても担当看護師に発言していくことで、自分なりの看護がわかってくるからです。そして、そこで自分は看護師に向いていないと思う人は、迷わずやめてもいいと思っています。

看護学校にいくのは、看護師になるためだけではなく、自分が本当に看護師に向いているのか、本当になりたいのかを考える場でもあると私は思っています。

それだけしっかり考えて看護師にならないと、あとでとても大変なんです。理由はお話しできませんが。

内容的には私自身のことを書く予定で、実習でお世話になった患者さんのことなど、プライバシーなことは書きません。あくまでも、看護学生だった私の経験をもとにして記事を書きます。

そんなの違うよ!という内容もあるかもしれませんが、あくまでも私の経験なので参考までに。

こんな感じで学生生活を送るのねーくらいの軽い気分で読んでもらえればと思います。

気ままに更新していくので、たまーにみに来てやってください(笑)よろしくお願いします。

この記事へのコメント

スポンサードリンク
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村