初心者の視点で説明!パソコン画面のスクリーンショットを簡単に加工できる便利なSnipping Tool(スニッピングツール)の使い方


スポンサーリンク


みなさんは、Snipping Tool(スニッピングツール)というデスクトップアプリを知っていますか?私は、少しブログを書く程度で、パソコン操作に関しては初心者です。


そんな私が困っていたことがあります。それは、パソコン画面の説明をするためのスクリーンショットってどうやってとればいいの?ということでした。ネットで調べると 「Print Screen」というパソコンのキーボードにあるボタンを押してとるといいですよと書いてありました。

恥ずかしながら、これを初めて知って「なんて簡単なの!」と思いました(笑)

なるほどなるほど。でも、この画像に不要な部分があるんだけど、これはペイントで編集しなければいけないの?めんどくさーい。


そんな時に、超便利で簡単なアプリがありました。

それが、Snipping Tool(スニッピングツール)というデスクトップアプリです。これは、Windows VistaおよびWindows 7/8/10に元々はいっているアプリのようです。


おおまかにこのアプリの内容を説明すると、スクリーンショットをとりたい画面を開き、Snipping Toolを起動すると、開いた画面の中で必要な部分だけを切り取ったり、文字を書くことができたりするというものです。


早速、実際の使い方を説明したいと思います。


まず、スタートボタンを押して「Snipping Tool」と検索します。すると、ハサミでちょきちょきしているマークのアプリが出てきました。これをクリックして開きます。

スクリーンショット説明①.jpg


アプリを開くとこんなのが出てくるので、切り取って編集したい画面を開いて「新規作成」を押します。

スクリーンショット説明②.jpg


新規作成を押すと、スクリーンショットする画面が白っぽくなります。

スクリーンショット説明③.jpg


画面が白っぽくなったら、マウスで切り取りたい範囲を選択します。

スクリーンショット説明④.jpg


切り取ったら、切り取った部分だけが違う画面で出てきます。ここではペンで書き込みができたり、マーカーで線を引くことができます。

スクリーンショット説明⑥.jpg


好きなだけ書き込んだら、画面の左上にある「ファイル」の「名前を付けて保存」から好きな保存先を選択して保存します。

スクリーンショット説明⑦.jpg

これでペイントを開かなくても簡単に、必要な部分のスクリーンショットを保存することができますね!
頻繁に使うならタスクバーにピン留めしておくと、すぐに開いて使うことができますね。ちなみにタスクバーは、画面の一番下にある部分のことです。ピン留めをしておくと、一回クリックするだけでアプリを開くことができます。

ピン留めをする方法は、スタートボタンでアプリを検索して、アプリの上にカーソルを置き、右クリックするとタスクバーにピン留めをするという項目があるので、そこを押すとタスクバーに表示されるようになります。

超初心者の私が、初心者の方に向けてSnipping Tool(スニッピングツール)を使ったスクリーンショットの作り方を説明させていただきました。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、参考になればうれしいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事へのコメント

スポンサードリンク
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村